税理士の仕事とは?

これから税理士を目指す人にとってまず気になるのはその資格試験についてですよね。 専門性の高い資格ですのでその難易度もなかなかのもの。 だからこそ挑戦し、資格を得た先には大きな仕事のチャンスが広がっていくのです。 まずはその資格試験についてまとめました。

税理士になるには?

税理士とは、その名に「税」という言葉があるように税金の専門家になります。
主な仕事内容として、確定申告や税務調査の立会、各種税務書類の作成など、個人や企業の税金に対する業務をサポートします。
節税に対するアドバイスや、贈与税や相続税などの相談も受ける、個人にとっても身近な存在です。
よく似た職業に公認会計士というものがありますが、こちらは第三者の立場から各企業の決算書など財務情報を監査するのが主な仕事となります。
中には税に関することも含めて対応する場合もありますが、監査を経て財務情報を公開し投資家に対し企業の信頼を担保するのが役割です。
税理士の場合は企業の役員となり取締役と計算関係書類を作成することで企業の信頼を高める「会計参与」としての資格も有しています。
どちらもお金にまつわるプロフェッショナルという点では同じですが、税理士は税務業務、会計士は監査業務とその主たる業務内容は大きく異なります。
税理士になるメリットとして大きなものは定年がなく生涯働くことが可能という点でしょう。
税理士にしか行うことのできない独占業務があるので、仕事がなくなる心配もありません。
また独立して開業することも可能で、税理士の80%は独立開業者として活躍しています。
税理士の需要は日本全国にありますので、土地を選ばずに仕事を得られます。
ご主人の転勤で移動となっても仕事を見つけやすい点や、出産や育児を終えた後にも仕事を再開しやすいメリットがあるため、最近では女性の税理士も多く活躍しています。

おすすめリンク

相続税の申告の注意点

相続税の申告は個人ですると大変です。どういった所に注意しないといけないのでしょうか。

税理士試験のための勉強方法は?

合格率10%台の難関試験を勝ち抜くためにはどのように勉強すれば良いのでしょうか? 学業や仕事と両立しながら合格を目指すには学習を継続する意志の力も必要です。 2年から3年という短期間や、5年以下で合格するにはどのような勉強が効果的なのかをまとめました。

現役税理士からの言葉

税理士への憧れを抱き営業職から転職を果たした男性と、子育てをしながら試験を突破し新米税理士として働く女性の体験談をお届けします。 長期間の学習は根気が必要なもの。 心が折れそうになった時、きっと彼らの言葉があなたの背中を押してくれることでしょう。

上へ